バンドに関連付けられた合計

合計を計算して表示するには、レポート内にテキストコンポーネントを配置し、エディタを呼び出して「サマリー」タブに移動します。
 
表現フィールド。このフィールドは、合計を計算する式を指定します。式は手動で指定することもできますし、他のパラメータの種類によって自動的に生成されることもあります。

 サマリー機能フィールド。このフィールドでは、合計を計算する機能が選択されています。

このフィールドでは、合計を計算するデータバンドを指定することができます。

 このフィールドでは、合計を計算するためにどの値を使用するかをデータ列で指定することができます。

ラジオボタンを使って、合計を計算する対象を設定することができます。


 レポート。合計は、レポート全体に対して計算されます。

 。合計は、レポートのすべての列で計算されます。

 ページ。合計は、レンダリングされたレポートのすべてのページで計算されます。 

 ランニングトータルパラメータ。このフラグがチェックされている場合、合計がランニングとして計算されます。チェックされていない場合は、プロジェクト(レポート、列、ページ)のみで合計が計算されます。

 条件パラメーター。このフラグがチェックされている場合、合計を計算する際にその条件が考慮されます。チェックされていない場合は、条件を考慮せずに合計が計算されます。

 フィールドは、条件の式を指定する。

関数結果の合計のタイプ

 デフォルトでは、合計を計算する関数はDecimal型を返します(関数-CountとCountDistinctを除く)。しかし、他の2つのデータ型、DoubleとInt64を使用して計算を行うこともできます。Doubleデータ型を使って計算結果を返す関数の場合、関数名の上位にラテン文字のDを追加します。Int64型を使用した計算では、上位レジスタにラテン文字のIを追加する必要があります。このように分離することで、合計の計算における損失を回避することができます。 
関数戻り値のタイプ
和()10進数
SumD()ダブル
SumI()Int64
注意:文字I、Dは、CountおよびCountDistinctを除くすべての関数に追加できます。これらの関数は常にInt64型を返します。

関数の構文に関するいくつかの単語

C#プログラミング言語を使用する場合、すべての関数はレジスターに厳密に準拠して記述されている必要があります。

 合計(式)-合計は、自動的に識別されたオブジェクトによって計算されます。

 Sum(band、expression)-合計は特定のオブジェクトによって計算されます。

 SumIf(band、expression、condition)-合計は、条件を持つオブジェクトによって計算されます。

 式-計算用の式。

 band-計算を実行するバンドの名前。

 条件-計算を式に含める条件。

ページまたはコンテナによる計算の場合、構文は同じですが、関数名のプレフィックスとしてラテン文字cが追加されています。

 cSum(式)-ページまたはコンテナによる合計の計算。

 cSum(band、expression)-ページまたはコンテナとその上のオブジェクトによる合計の計算。

 cSumIf(band、expression、condition)-特定の条件下で、ページまたはコンテナーとその上のオブジェクトによる合計の計算。

列ごとに合計を計算するには、関数名にcolプレフィックスを追加します。

 colSum(式)-合計は列によって計算されます。

 colSum(band、expression)-合計は、列とその中のオブジェクトによって計算されます。

 colSumIf(band、expression、condition)-合計は、特定の条件下で、列とその中のオブジェクトによって計算されます。

Count関数は、計算用の式がないという点で他の関数とは異なります。この関数の構文を以下に示します。

 Count()-行数を計算します。

 CountIf(condition)-条件によって行数を計算します。

 Count(band)-オブジェクトごとの行数を計算します。

 CountIf(band、condition)-オブジェクトと条件によって行数を計算します。

 cCount()-ページとコンテナごとに行数を計算します。

 cCount(バンド)-ページ(コンテナー)とその上のオブジェクトごとに行数を計算します。

 cCountIf(band、condition)-特定の条件下でページ(コンテナー)とその上のオブジェクトによる行数を計算します。

 colCount()-列ごとの行数を計算します。

 colCount(band)-列とこの列のオブジェクトによる行数を計算します。

任意の場所に合計を表示する

通常、関数呼び出しが指定されているテキスト式のコンポーネントは、データバンドのフッターバンドに配置されます。フッターバンドにはいくつかの種類があります。

 ReportSummaryBand-バンドは、レポート全体の合計を表示するために使用されます。

 PageFooterBand-バンドはページごとの合計を表示するために使用されます。

 FooterBand-バンドはリストごとに合計を表示するために使用されます。

 GroupFooterBand-バンドは、グループごとの合計を表示するために使用されます。

  ColumnFooterBand-バンドは、列ごとの合計を表示するために使用されます。

上記のいずれかの帯域の機能を備えたコンポーネントの位置により、レポートジェネレータは、この機能が適用可能なデータ帯域を正確に判断できます。また、機能を備えたコンポーネントをデータバンドに配置することもできます。この場合、各データ行に全行の関数計算結果が表示されます。

たとえば、ヘッダーバンドに合計を表示する場合は、スクリプトを使用してこれを行います。ただし、Stimulsoftレポートでは、関数を持つコンポーネントはレポートの任意の帯域に含まれる可能性があります。

 注意:関数を含むコンポーネントは、レポートのどこにでも配置できます。

また、関数を含むコンポーネントをレポートテンプレートのページや他のページに配置することもできます。たとえば、リストによって値の合計を計算し、それをヘッダーリストに出力することができます。別の例として、リストの行数を計算し、ページの先頭に値を出力します。同時に、制限があります。結果が計算されるデータバンドを指定する必要があります。